魅力ある女性をめざすには日々目力アップのトレーニングを欠かせません!

2016年12月25日

目力アップのためのトレーニングとは?


目力アップ」にはメークが効果的ですが、
メークをしない男性にはムリだし、40代ちかくになって
肌にたるみが出てきた人たち、
いわるる肌の老化が始まっている目元はカバーできません。


ゆるんだ目元にメークを乗せても
たるみが余計に目立って悲しい結果に終わるだけです。

それならどうすればいいかというと、
目の周りのトレーニング目力(目ヂカラ)アップをはかります。


目元の皮膚は、顔の皮膚の中でもっとも薄くて
センシティブといわれていて
さらに目の周りは、顔の筋肉の中でもいちばん筋力が弱いと言われています。


筋力が弱いというのは血流にも関係し
「睡眠不足」や「PCの使い過ぎによる目の酷使」といった生活習慣から、
多くの人が悩む「クマ」が出来たり、
また筋力が弱りやすいので
歳とともにまぶたが垂れ下がってきたり、目の下がたるんだりしてきます。



こうなると会う人ごとに「疲れてるの?」などと次々に聞かれ、
モチベーションのダウンにもつながってしまいます。

そうならないためにも毎日の生活に取り入れてほしいのが
目力(目ヂカラ)トレーニングまたはマッサージです。


目の周りを若々しく保つトレーニングやマッサージは数種類あります。
「目の周りに溜まった毒素を出すマッサージ」や
「目力をUPできる骨マッサージ」、
また「おでこの筋肉をほぐすマッサージ」などです。


ほかにもテレビ番組「林先生が驚く初耳学」では
「肩こりで目が小さくなる&老け顔になる衝撃のワケの
簡単改善方法『頭筋ストレッチ』」というストレッチ法も放送されていました。

このような目の周りのストレッチ、
トレーニングに関する方法は、本にもなっています。



・1分でモテ目になる! キレイと恋をかなえる7つのエクササイ / 今野清志/著
・目は10秒でもっとよくなる! ──すぐできる目ヂカラの強化書 / 森岡 清史/著
・DVD付 顔ヨガでたるみ上げ&小顔 / 間々田佳子 /著

など、毎日自分で続けられる
目力(目ヂカラ)アップトレーニングの本は多数出版されています。


テレビを見ながら、またはお風呂の中で、
ちょっとした時間に取り入れてみると効果が表れるかもしれませんよ!




posted by 目力アップのプロ at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 目力アップ トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック